笑顔の塗り替え講座 | 株式会社ユタカペイント│群馬県高崎市で外壁塗装・屋根塗装・住まいの塗り替え

会社概要
株式会社ユタカペイント
地元で安心すばやい対応。塗り替え・リフォームの専門店

【受付時間】月曜日から金曜日  午前9:00~午後6:00
お問い合わせフォーム

笑顔の塗り替え講座

塗り替え専門店の株式会社ユタカペイント代表の金井 裕です。

「そろそろうちも塗り替え時期なのかな・・・?」と考え始めると
塗装工事に関しての情報をいろいろと収集する方が多いと思います。

この【笑顔の塗り替え講座】では、
なかなか一般の方ではわかりにくい
塗装工事に関する情報をわかりやすくお伝えいたします。

ぜひ、気になる情報からご覧ください。


第45回 トタン屋根の塗り替えについて

みなさんこんにちは(^_^)/

高崎市の外壁塗装・屋根塗装専門店ユタカペイントの代表金井です。

高崎市もついに梅雨入りしましたね。

しばらくは塗装会社泣かせの天気が続きます^_^;

 

さて、本日は

ユタカペイントのある高崎市でも見かけることの多いトタン屋根についてお話します。

 

トタン屋根のメリットは、日本瓦と比べると1/100の重量と軽いため

耐震性が高く、積雪にも強い特徴があります。

また、継ぎ目がないため雨漏りに強く、緩勾配にも対応できるのも特徴です。

和瓦は瓦自体が重いので、その上に雪が積もると、建物が崩壊する可能性があるため

雪国ではトタン屋根が多く取り入れられています。

 

トタン屋根のデメリットは耐熱性能が低いところです。

夏場は屋根が高温になり、建物構造によっては室内がとても暑くなります。

また、サビにも弱く、サビがでると一気に広がる特徴があります。

防音性も低いので、室内にも雨音が響きます。

 

耐久性についてはまめなメンテナンス

室内温度については遮熱塗料などの採用が解決策になってきますね。

 

さて、ご自宅のトタン屋根に

サビがある場合には要注意です。

トタン屋根はサビが数年で一気に広がる特徴があるので

早急に塗り替えを行う必要があります。

進行して穴が開くと、塗装では対応できず大がかりな補修が必要になってしまいます。

 

また塗膜の膨れや剥がれがある場合にも、早急に塗り替えが必要です。

膨れや剥がれは、塗膜が持つ保護機能が失われ

トタン自体が直接ダメージを受けている状態です。

症状が進むと、雨漏りや腐食が起こり

劣化が進行すると穴が空き、これも大がかりな修繕や張り替えが必要になるため

塗装よりも多額の費用がかかってしまいます。

 

サビや剥がれ・膨れを発見した際は

なるべく早めに塗装専門店にご相談してくださいね。

 

では、トタン屋根を塗り替えよう、ということに

なった場合の工程についてお話します。

 

トタン屋根の塗装工程は一般的には

「高圧洗浄」→「ケレン」→「錆止め」→「上塗り2回」となります。

この中で特に大切なのはケレンの工程です。

こちらはとても重要な旧塗膜を落として屋根を磨く工程です。

錆びていない場所もしっかりと磨き、下地を整えます。

ここでの丁寧な仕事が、その後の耐久年数に影響しますし

また塗布する塗料の性能を最大限に伸ばすためにも必要となります。

 

次に錆止めについて。

トタン屋根は錆びやすい屋根です。ですので、錆び止め塗料を必ず塗ります。

錆止めの工程中

 

 

 

 

塗装会社さんの見積もりが届きましたら、錆び止め塗料が記載されているか

必ず確認してくださいね。

 

続いて中塗りと上塗りについて。

外壁やスレート屋根と同じように

シリコン塗料やフッ素塗料などを使用します。

中塗りと上塗りは同じ塗料を使います。

 

本当は2回塗らなくてはいけないところを

一回しか塗らない業者がまれにいますので要注意です。

【トタン屋根 施工前】

【トタン屋根 施工後】

 

 

 

 

 

 

 

さてここで

ユタカペイントのトタン屋根の塗り替えについてお話します。

ユタカペイントでは

中塗り上塗りの工程の前の、下塗り(錆止め含む)の工程を

標準で2工程設けています。

つまり中塗りの前に2回塗りをしますので

トタン屋根の塗り替えは全部で“4回塗り”となっています。

 

これは永年、施工後のお客さまのお家に

アフターメンテナンスでお伺いするなかで

なるべく長い間、傷まずにきれいな状態を保つためには

必要なことだと考えて取りいれた基準です。

 

またユタカペイントでは

屋根の塗料は“遮熱塗料”を標準仕様としています。

追加料金なしで遮熱塗料での施工となりますので

お客さまには大変お喜びいただいております。

 

定期的なメンテナンスが必要になるトタン屋根ですが

適切な処置をして長持ちさせてくださいね(^O^)

 

ユタカペイントの施工事例はコチラ

外壁塗装・屋根塗装のご質問やご相談は

ユタカペイントまでお気軽にご連絡を
フリーダイヤル0120-270-675


第44回 気になる人気の遮熱塗料について

みなさんこんにちは(^_^)/

高崎市の外壁塗装・屋根塗装専門店ユタカペイントの代表金井です。

 

いよいよゴールデンウィーク目前ですね!

どこかへお出かけの予定や、懐かしい人との再会など

予定されている方もいらっしゃると思います。

ここ数年はゴールデンウィークにはすでに夏が到来したような気温にもなりますので

気が早いようですが熱中症対策は万全にしてくださいね(^^)

 

さて本日は、話題の“遮熱塗料”についてお話しします。

屋根を塗り替える際

「せっかくだから!」と“遮熱塗料”を選ばれる方が増えているようです。

地球温暖化の影響などによって過ごしにくくなる家の中をより快適にするため

また、省エネによって夏場の電気代の節約のため等が

選ばれる理由のようです(^^)

 

それではまず

「遮熱塗料って何だろう?」という疑問におこたえしていきます。

遮熱塗料とは、建物が熱くなる原因の赤外線に近い光を「反射」や「放射」させ

表面温度を下げることで室内が暑くなるのを期待できる効果を持った塗料です。

では

「遮熱塗料を塗ることで、どれくらいの効果があるのだろうか?」

ということをお伝えしていきます。

 

遮熱塗料を塗れば、夏場にクーラーをつけなくても涼しくなるのではないかと

思われる方もいらっしゃるかもしれませんが

夏場に室温が上がるのは、外から部屋に熱が伝わって入ってくるためです。

太陽によって外壁などが熱を受け取るためであり、外気が室内に入ってくるためです。

そこで、遮熱塗料を塗ることによって

太陽光を反射することで、家の中に熱が伝わってくることや

外壁が熱をもつことを抑えてくれます。

このように外壁から室内へ伝わる熱を減らすことはできるのですが

外気温による熱を遮熱塗料で抑えることができません。

そのため、夏場にクーラーが必要ではなくなるわけではありませんが

遮熱塗料によってクーラーへの負担を小さくすることはできるのです。

平均的にはマイナス2℃~3℃くらいの効果があるようです。

体感でもそれなりに涼しく感じられるかと思います。

 

また、よくいただくご質問の

「冬は寒くなってしまわないの?」

遮熱塗料を塗ると外壁が太陽光を反射してしまうために

疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、冬場は夏場と比較して日射量が少ないため

室内の温度にはほとんど影響がありません。

 

「費用は高くなるの?」

遮熱塗料は一般的な塗料と同じ工程で施工できるために

費用は一般的な塗料との遮熱塗料の差額のみで済むのも魅力です。

 

さて、本日は遮熱塗料についてお話してきましたが

疑問は解決しましたか?

地球温暖化が叫ばれる昨今です。

塗装会社にお見積り依頼をされる際は

遮熱塗料を使用したプランも是非依頼してみてくださいね。

 

ちなみにユタカペイントの屋根塗装では

シリコン塗装プランは、遮熱シリコン塗料

フッ素プランでは、遮熱フッ素塗料

での施工が標準となっています。

追加料金なしで遮熱塗料での施工となりますので大変お喜びいただいております。

ユタカペイントの施工事例はコチラ

外壁塗装・屋根塗装・遮熱塗料のご質問や詳細はユタカペイントまで

お気軽にご連絡を
フリーダイヤル0120-270-675


第43回 外壁だけではないんです。

みなさんこんにちは(^_^)/

高崎市の外壁塗装・屋根塗装専門店ユタカペイントの代表金井です。

 

4月も後半になり『夏日だな~』と感じる日も増えてきましたね。

ユタカペイントのある高崎市では街路樹のハナミズキの花が咲き始めています。

 

さて、今日はタイトルの通り

“外壁以外の塗装”についてお話をします。

お家の塗り替えをする場合、外壁と共に塗り替えを

検討していただきたい個所があります。

それは

①雨樋

②破風板

③軒天

の三カ所です。

 

まず一つ目は雨樋です。

雨樋の素材は、銅製やステンレス製のものもありますが

樹脂(プラスチックのような)素材でできているものが一般的です。

樹脂は、長い間紫外線にさらされると硬化し、劣化してきます。

劣化が進むと割れなどが発生し、破損してしまうこともあります。

そうなってしまうと、雨樋交換が必要になりますので

工事代金は高額なものになってしまいます。

 

お家の塗り替えの際に、雨樋を塗装する一つ目のメリットは

もちろん“美観”にあります。

外壁がきれいになっても雨樋が色あせていたら見劣りしてしまいますよね^_^;

ですが、もう一つ期待できるメリットは、雨樋本来の劣化進行を少しだけ遅らせることです。

劣化そのものを食い止めることはできないとしても、ひび割れの進行を遅らせることは期待できます。

外壁塗装を行う際には雨樋の塗り替えもされることをおすすめします。

 

二つ目は、破風板です。

こちらは、名前の通り風雨にさらされる部分で傷みやすい部分です。

破風板の劣化が進むと、隙間から雨水が侵入し、雨漏りの原因になることもあります。

劣化が進んでしまうと、破風板交換工事が必要となり、工事代金も高額なものになってしまいます。

劣化対策には、塗装を定期的に施すのがよいでしょう。

木製の場合、木部用の塗料を使うことが長寿命の秘訣となります。

 

こちらは“軒天”です

屋根の下の天井部分の呼び名です。

こちらも表面の塗装の劣化を放置すると、美観を損なうのはもちろんですが

剥がれたり、穴が空いてしまうこともあります。

そのような場合には、張り替え等が必要になってしまいます。

定期的なメンテナンスが必要な個所ですね。

外壁の塗り替えの際には、一緒に塗装されることをお薦めします。

 

以上、三ヶ所についてお話しました(^^)

 

これらの個所は外壁と一緒に塗装することをお勧めします。

せっかく屋根や外壁をきれいに塗り替えるのであれば

付帯部分もきれいにしたいですよね。

外壁がきれいになればなるほど、塗っていない部分との差を感じてしまいます。

 

塗装会社に見積り作成を依頼する際には

外壁や屋根の他に、雨樋・破風板・軒天の塗装もぜひ依頼してくださいね。

 

ユタカペイントでは、外壁の塗り替えをご依頼いただくと

雨樋・破風板・軒天の塗装は標準工事に含んでおりますので

「外観が一度にきれいになった!」とお喜びいただいております(^O^)

ユタカペイントの施工事例はコチラ

 

外壁塗装・屋根塗装の

ご質問や詳細はユタカペイントまで

お気軽にご連絡を
フリーダイヤル0120-270-675


第42回 上手に活用しましょう! ー補助金ー

みなさんこんにちは(^_^)/

高崎市の外壁塗装・屋根塗装専門店ユタカペイントの代表金井です。

いよいよ春本番♪♪

ユタカペイントのある高崎市でも桜が咲き始めました(^^)

 

さっそくですが

外壁塗装・屋根塗装やリフォーム工事に

利用できる助成金があることをご存知ですか?

 

ユタカペイントのある高崎市でも

一般住宅の改修工事や

商売を営んでいる方が店舗を改修するための助成金制度が

毎年実施されています。

該当する方はぜひご利用されることをおすすめします。

 

一例ですが

高崎市では今年も

高崎市まちなか商店リニューアル助成事業」の実施が発表されました。

 

この助成事業は魅力ある商店づくりを支援することを

目的として始まり

これまで1店舗につき1回だけだった利用を、

昨年度からは2回目の利用が可能になりました!!

1回の申請につき

かかった費用の2分の1で最大100万円の助成となります。

店舗を営んでいらっしゃる方は積極的に利用を検討してください。

 

塗装工事やリフォーム工事を手がけている会社では

助成金の申請や実績報告などの提出書類の

お手伝いができますので

ご相談をされることをおすすめします。

公の制度を積極的に活用してくださいね。

ユタカペイントの補助金・助成金情報はコチラ

 

外壁塗装・屋根塗装のご質問や詳細はユタカペイントまで

お気軽にご連絡を
フリーダイヤル0120-270-675

 

 

 


第41回 保証期間だけで安心ですか?

みなさんこんにちは(^_^)/

高崎市の外壁塗装・屋根塗装専門店ユタカペイントの代表金井です。

高崎市ではスギ花粉の飛散がピークを迎えています。

あちらでもこちらでもクシュンクシュンと聞こえてきますが

皆さまはいかがですか?

 

花粉症があると、お薬の影響や夜よく眠れなかったりということもあって

昼間ボーっとしてしまう方が多いようです。

車の運転などには充分気をつけて下さいね。

そしてなるべく早寝を心がけて、十分な睡眠時間を確保してくださいね^_^;

 

さて、高崎市内では、暖かくなったこともあり

新聞折込やポスティングで

塗装会社やリフォーム会社のチラシがたくさん舞い込んでくるようになりました。

 

どの会社も自分の会社の強みを前面に打ち出していますね。

価格が安い!

塗料が選べる!

有資格者の職人がいます!

自社保証をつけています!

等々・・

今日はこの中で“自社保証”についてお話します(^_^)

 

最近では、使用した塗料や塗装箇所に応じた

“自社保証書”を発行する塗装会社が増えてきました。

 

ユタカペイントでももちろん自社保証書を発行しています。

ユタカペイントの自社保証書

保証書があるという事だけでも気持ち的に安心感がありますね。

 

例えば、シリコン塗料で外壁塗装をしたら

7年間の自社保証書が発行されたとします。

多くのお客さまは安心されます。

『7年間は何かあっても安心だわ~』

 

ですが

気にしていただきたいのはその先なのです(^^)

 

7年間の保証期間の間、何も気になる所がなく

アフターメンテナンスを必要としない、ということが

もちろん本来の理想です。

 

ですが

工事自体に何も悪いところがなくても

永年、風雨や直射日光にさらされる外壁や屋根は

塗り替え3年後、5年後と、時間が経過するにつれ

多少のアフターメンテナンスの必要性が生じることもあります。

 

ご自分のお家とはいえ

常に家の周りや屋根を確認できれば良いのですが

忙しい日常生活の中で

なかなかそうもいかないお宅が多いのが実際のところです。

気がついたら7年間の保証期間を過ぎて

色々な傷みが出てしまっていた、ということにもなりかねません。

 

そこで

お客さまに気にしていただきたいのは

保証期間内にどのような

アフターサービスやアフターメンテナンスが

受けられるのかという点です。

 

せっかくの保証期間ですが

常にご自分でお家の周りを確認していなくてはならないのは大変ですね。

できれば、定期的に点検にきてくれる塗装会社が安心できませんか?

定期的にプロの目で見てもらえた方が安心できませんか?

 

お家の塗り替えで塗装会社とお話しされる際には

保証期間中のメンテナンスの有無について質問してみてください。

 

工事後、1年目、3年目、5年目と保証期間内の

点検に来てくれる塗装会社もありますよ。

工事後のストレスが少ない塗装会社を選んでくださいね(^_^)

 

 

ユタカペイントのアフターメンテナンスの様子はコチラ

 

外壁塗装・屋根塗装のご質問や詳細はユタカペイントまで

お気軽にご連絡を
フリーダイヤル0120-270-675


第40回 雨降りの前に点検しませんか?ベランダ・バルコニーの防水

 

みなさんこんにちは(^_^)/

高崎市の外壁塗装・屋根塗装専門店ユタカペイントの代表金井です。

 

ユタカペイントのある高崎市ではお天気の良い日が続いています。

二月とは思えない暖かさで、春のお出かけや行事を前倒しできそうですね(^^)

 

ですが例年、三月から四月にかけては

春雨前線の影響で少しぐずつく日もでてきます。

 

その頃から梅雨にかけて

お客さまからのお問い合わせで増えるのが

屋上やベランダ・バルコニーの防水塗装についてです。

外壁や屋根の塗り替えと一緒にご検討されることが多いようです。

 

一般的なお家の場合

ベランダやバルコニーの下は住居スペースなので

なんとしても家への雨の浸入を防がないといけませんね!

 

ここで一般的なベランダ防水の一例をご紹介します。

施工前のベランダは

このように、ひびや剥がれが目立ちます。

また外部なので、砂や枯れ葉などのゴミも入ってしまいますよね。

 

まずは高圧洗浄で汚れを落として塗装する面をきれいにします。

 

ケレンなどの下地処理をします。

古い防水層が劣化して浮いたり、剥がれがあると

新しく塗料を流し込んだ際に、剥がれを起こしたり

水が入り込んだりしてしまうことがあるので

しっかりとケレンをして、劣化した部分を取り除いていきます。

 

FRP用プライマーを塗装し、

AUコートを2回塗装します。

 

防水塗装が完了したベランダはピカピカして本当にキレイです(^^)

 

ベランダもお家の一部!

雨の季節の前に塗装専門業者の診断を受けて

家の中への雨水の侵入を防ぎましょう。

 

もしもご不安がありましたら

お気軽にユタカペイントにご相談ください(^_^)/

塗装のプロが無料で診断いたします!

また、

ユタカペイントで施工事例の中にも

店舗屋上防水塗装

屋上シート防水

ベランダ防水塗装

などの防水工事の施工事例もありますので、

ご参考になさってくださいね。

 

ご質問や詳細はユタカペイントまで

お気軽にご連絡を
フリーダイヤル0120-270-675


第39回 本当に塗り替えが必要ですか?

 

みなさんこんにちは(^_^)/

高崎市の外壁塗装・屋根塗装専門店ユタカペイントの代表金井です。

 

春めいてきましたね!

暖かくなるのは嬉しいことですが、スギ花粉の飛散も本格的になりますね(^_^;)

花粉が飛ぶ季節には、外出時には必ず花粉症用のマスクをつけて

帰宅したら、うがいや鼻洗いで

のどや鼻に付いた花粉もしっかり洗い流してくださいね。

症状の緩和に効果的だそうですよ。

 

さて、今日はお家の塗り替えのタイミングについてお話します(^^)

 

同時期に開発された住宅地などでよくあることなのですが

ご近所さんが外壁塗装をすると

「そろそろうちも塗り替えをしないとまずいのかな」と不安になる方が多いようです。

 

お客さまにお家の塗り替えを検討したきっかけをうかがうと

ご近所さんが塗り替えたから”というお答えを多くいただきます。

 

塗装の大きな目的の一つは美観の回復です。

ですので、お客さま自身が

「もうこんな汚い外壁は嫌だ!」

「周りの家はピカピカなのに、うちだけ汚いのは我慢ならない」と感じた時が

最適な時期ともいえます。

ご予算があれば、すぐにでも塗り替えをするのがよ良いかもしれません。

 

しかし塗装のもう一つの目的である外壁の保護という観点からみると

まだ塗り替えなくて大丈夫な家というのは意外とたくさんあります。

 

もしも、ですが・・

 

今回あなたが塗り替えを検討し始めるきっかけとなったお隣さんが

もしも悪徳業者に騙されていて

まだ塗らなくてもいいタイミングでお家を塗り替えようとしていたら・・

 

その時はあなたのお宅もまだ最適な時期ではないかもしれません。

 

そういったことを避けるためにも

信頼できる塗装店で外壁や屋根の診断を受けましょう。

数値などで客観的に判断するのが良いですね。

ユタカペイントの住まいの診断書

 

また、ご近所で塗り替え工事をしている場合

職人さんの印象や、掃除がしっかりされているか等・・

気になる点を見るチャンスですね(^^)

あまりない機会だと思いますので、観察されるのは良いことだと思います。

 

しかし

その塗装会社が、あなたにとってもベストな会社かどうかはまた別の問題といえます。

 

ひとくちに塗装会社、塗装店といっても

価格はもちろん、工事が始まるまでの対応、

保証内容や工事後のアフターメンテナンス等々・・

内容には大きな違いがあります。

 

ご近所さんが選んだ塗装店も含めて

数社に相見積をとられることをおすすめします。

 

ご自分にあった塗装会社・塗装店をしっかり選んで

後悔のない塗り替えにして下さいね(^^)

ユタカペイントがお客さまにお選びいただいている理由については

コチラまで→ユタカペイントが選ばれる7つの理由

 

ご質問や詳細はユタカペイントまで
ご連絡ください!
フリーダイヤル0120-270-675


第38回 塗り替えのショールーム活用法

みなさん、こんにちは(^_^)/

高崎市の外壁塗装・屋根塗装専門店ユタカペイントの代表金井です。

1月もあっというまに後半ですね。

恵方巻きやバレンタインデーの話題もちらほらと耳にするようになりました。

また今年もさまざまな年中行事の始まりですね(^O^)

 

近頃、外壁や屋根の塗り替えをご検討のお客さまに

ユタカペイントのショールームをよくご利用いただいています。

 

ですが、まだまだ

『塗装会社のショールーム?ピンとこないわ?』というお客さまも多いようです。

今回は塗装会社のショールームの活用法についてお話したいと思います。

 

塗装工事というものは

工事前に“商品”を見ることのできないサービスなので

工事後に初めてその商品がわかるというリスクが伴います。

しかも、金額的にも大きなお買い物となりますね。

 

お客さまとしては絶対に失敗はしたくないし

塗装会社としても絶対にお客さまに失敗はして欲しくないものです。

 

そんなリスクや不安を払拭するお手伝いが出来るのが

ショールームです(^O^)

 

塗装のショールームではどんなことが出来るのでしょう?

 

お家の塗り替えを決めたお客さまが最初に考える

どんな外壁の色にしよう?

どんな色がいいの?

という疑問。

 

こんな疑問には・・

多くの塗装会社のショールームでは

お客様のご要望をお伺いしたうえで

実際のお家の写真を使って

カラーシミュレーションを作成することが可能です。

ユタカペイントでのカラーシミュレーション風景

お客様のもつイメージの仕上がりを

事前に見ていただくことで

完工後のイメージとの相違を最小限にとどめることができます。

 

また

実際にはどんな工事をするの?

どんな塗料を何回塗るの? 等の疑問も

 

一般の方は、実際の塗り替え工事の工程を見る機会は

なかなかないと思いますので

当然持たれる疑問ですよね。

見積書や診断書だけではなかなかわかりにくいと思います。

 

多くの塗装会社のショールームでは

外壁や屋根の塗り替え工程がわかる模型も展示しています。

見て触って質問することで、漠然とした不安も解消されますね(^^)

 

そして何よりショールームに赴く

最大のメリットは塗装のスペシャリストに塗料や工事の話を

じっくりと聞くことができることです。

 

ユタカペイントでも

お家の塗り替えを検討中、またご契約後のお客さまに

ご利用いただけるショールームを完備しております。

ユタカペイントの自社ショールーム

 

高崎市にある自社ショールーム内には

直接触れることのできる

塗装模型もご用意していますので質感がわかりやすく

イメージが湧きわかりやすいとご好評を頂いております(*^_^*)

 

また、色選びや、工事中のこと、メンテナンスンのことなど

さまざまなことをスタッフにご相談いただけるよう

常駐のスタッフがお待ちしております。

また事前にご連絡をいただければ

一級塗装技能士の資格を持つスタッフから

塗装工事についてのアドバイスをさせていただくことも可能です。

 

大きなお買い物であるお家の塗り替え工事。

ショールームーを上手に活用して

後悔のない塗り替えにしてくださいね。

 

ユタカペイントでは

外壁屋根の診断を無料でさせていただいております。

お気軽にお声かけくださいね(^^)

 

外壁塗装・屋根塗装専門店のユタカペイントまで。

フリーダイヤル0120-270-675

お気軽にお電話下さい(^O^)

 

 


第37回 増税・・気になりますね。お家の塗り替えでは?

みなさん、こんにちは(^_^)/

高崎市の外壁塗装・屋根塗装専門店ユタカペイントの代表金井です。

 

新しい年を迎えました。今年は平成から新元号に変わる節目の年となりますね。

もうひとつ我々の生活と密着すると思われる出来事に

“消費税増税”がありますね!

 

今年10月に予定されている消費税の増税で

現行の8%から10%へ引き上げられることになります。

2%といえども、暮らしには影響がありそうですね。

大きな支出となるお家のリフォームでは更に大きな影響がありますね。

 

最近、お客さまから『いつ契約したら8%ですみますか?』等のお問い合わせをいただきます。

まず、「いつまでに契約」して、「いつまでに引き渡し」をしたら8%で済むのかをお伝えします。

 

消費税は商品を受け取る時に課税されるのが原則なので

外壁塗装や屋根塗装の場合、契約時点ではなく、

工事が完了して依頼主に引き渡される時点での税率が適用されます。

 

しかし、請負工事などは原則に従うと不便な点も色々あるということで、

次のような特別ルール(税率引上げに伴う経過措置)が設けられています。

上図のように、増税実施半年前の2019年3月31日までに

工事の契約を交わしていれば

引き渡しや代金の支払いが2019年10月以降であっても

消費税率は現行の8%が適用されます。

 

『そろそろ塗り替えたいな・・』と思っていたとしても

消費税が上がるからといって、すぐに工事に取りかかれるというものでもありませんよね。

お盆前にはきれいにしたい、工事は年明けがいい、等のご要望があると思います。

その点は上図を参考にご検討してみてくださいね。

 

ですが、一番大切なことは(^^)

“なぜ塗り替えをしたいのか”という根本的な部分です。

お家への不安や不満部分を解消することが第一優先ですよね。

そこを見失って増税ばかりに目を向けてしまうと

“駆け込み需要”を狙った「増税前にリフォームしませんか?」という

営業トークに躍らされてしまいます。

 

もしも業者やセールスマンが

増税を理由に外壁塗装を急がせるようであれば、それは注意が必要です。

お客さまのお家のことを真剣に考えて

必要な工事をお薦めするのであれば、

本来は増税のタイミングとは関係ないものなのです。

 

当たり前のことになりますが

塗り替えが必要ない状態であれば、増税直前であっても

もちろん塗り替える必要はありません。

お客さまの不安をあおるような営業方法には、十分注意して下さいね

 

大きなお買い物となる塗り替え工事ですので

消費税増税はもちろん気になるところです。

ですが、まずは何が気になっているのか、いつ頃が良いのか・・等を

しっかりと見極めてから契約されるのが良いと思います。

 

よくわからなくなってしまったーという時には

信頼できる塗装会社に相談してみてくださいね。

 

ユタカペイントでは

外壁屋根の診断を無料でさせていただいております。

お気軽にお声かけくださいね(^^)

 

外壁塗装・屋根塗装専門店のユタカペイントまで。

フリーダイヤル0120-270-675

お気軽にお電話下さい(^O^)


第36回 高圧洗浄の役目は何でしょう?

みなさん、こんにちは(^_^)/

高崎市の外壁塗装・屋根塗装専門店ユタカペイントの代表金井です。

いよいよユタカペイントの年内営業日も残り数日となってきました。

ですが、年内に塗り替えを完了するお約束のお客さまはご安心くださいね。

工期はしっかりと守ります(*^^)v

 

今年最後の“笑顔の塗り替え講座”では

お家の塗り替え、塗装工事において最も重要だともいえる

「高圧洗浄」についてお話させていただきます。

高圧洗浄は名前の通り、高圧で洗浄を行うのですが

高圧とはどれくらいの圧力だと思いますか?

最近ではTVショッピングでも“家庭用高圧洗浄機”を販売していますね。

この時期、とくによく見かけます^_^;

 

家庭用の電気タイプの洗浄機の最大圧力は、圧力約8~10Mpa位でしょう。

一方、一般的に塗装専門会社が使用する高圧洗浄機は15Mpa程度です。

 

15Mpaとは150キロの圧力がかかるという意味です。

これくらいの圧力があると、使い方を誤ると長靴に穴を開けてしまうような威力です!

ですから屋根や外壁に付着しているコケやチョーキングをしっかりと落とすことができます。

 

 

また、外壁や屋根を塗装前に洗浄する理由はいくつかあります。

まずは雨や湿気で付いたコケやカビ、チョーキングを綺麗にすること。

外壁のチョーキング

屋根に付着したコケやカビ

 

そして、既存の塗膜を剥がす目的があります。

既存の塗膜に浮きや剥がれがありますと

上から塗り替えを行ってもきれいに仕上がりません!

 

よく例えさせていただくのが女性のお化粧です(*^_^*)

洗顔をしないでお化粧したらノリはどうでしょうか?

油や汚れが付いた上にはお化粧はきれいにのりませんよね?

塗装も同じで、しっかりと汚れを落として下地を整えてこそ

きれいな仕上がりとなります。

 

お家の塗り替え・塗装でとても重要な工程である「高圧洗浄」。

今日は、皆さんが塗装会社から提出されたお見積書に載っている

「高圧洗浄」にはこんな役目がありますよ、というお話でした。

 

外壁塗装・屋根塗装のことで

ご質問がありましたらお気軽にユタカペイントまで(^_^)

年内29日まで通常営業しております!

 

外壁塗装・屋根塗装専門店のユタカペイントまで。

フリーダイヤル0120-270-675

お気軽にお電話下さい(^O^)

お問い合わせフォーム
無料相談・見積り
群馬TVで紹介されました
無料!資料請求
塗り替えの専門家がお伝えする【笑顔の塗り替え講座】
スタッフブログ
はじめての外壁塗装の方へ
ユタカペイントは6つの約束を守ります!
お客様との交換日報
求人情報

ユタカペイントでは、2012年8月7日付けで品質マネジメントシステムの国際規格である「ISO 9001:2015」の認証を取得いたしました。

施工メニュー
株式会社ユタカペイント

フリーダイヤル 0120-270-675
【受付時間】月曜日から金曜日  午前9:00~午後6:00

〒370-0073
群馬県高崎市緑町2丁目-13-10
TEL.027-386-2836
FAX.027-386-2837

■対応エリア
高崎市及び会社から30分圏内